2016年01月07日

茶グマ対策でエイジングケア

目の下に出来る「クマ」は、人に疲れたような印象を与え、見た目年齢をも大きく老けさせてしまいます。クマは、慢性化しないよう、気づいたら早めのケアが重要です。

<
クマには大きく分けて3つの種類(青グマ、茶グマ、黒クマ)があり、それぞれ原因が違うため対処法も異なります。

<
茶グマには「美白ケア+コットンはさみうち」が効果的です。

<
目の下が茶色くくすんで見える「茶グマ」の原因は、紫外線ダメージや摩擦、クレンジング不足などによって引き起こされた色素沈着です。

<
メラニンが蓄積された状態なので、美白と同じケアが必要となります。美白効果のある美容液などを使ってケアしながら、紫外線対策も夏だけではなく年間通じて行うようにしましょう。

<
さらに、アイメイクのクレンジングも一度見直しが必要です。

<例えば、アイラインやマスカラを落とそうとして、ゴシゴシこすっているとは、摩擦による刺激でメラニンを増加させてしまいます。かといってしっかりクレンジングしないと、落としきれなかったメイク汚れが沈着してしまう可能性も。アイメイクのクレン ジングは、やさしく入念に行いましょう。

<
オススメは、2枚のコットンにアイメイク専用のリムーバーをたっぷり含ませ、まつげを上下から挟むようにしてメイクを浮かせる方法。仕上げに目のキワまでやさしく拭き取れば万全です。

エルシーラブコスメティックは【女性の悩み】を解決!!

posted by privresg at 13:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。